小布施の座敷わらし☆作:布施綾子

≪小布施にある不思議な館〜郷の工房へようこそ〜≫

一定期間更新がないため広告を表示しています



2012/01/30 (月) | -
- | -
 
河童くん

JUGEMテーマ:陶芸
 


JUGEMテーマ:陶芸
 



JUGEMテーマ:陶芸
 
座敷わらしとは、
東北地方に伝わる土地の豪家や
由緒ある旧家の奥座敷などにいて、
その者がいる間は、家の富貴繁栄が続き、
もしいなくなると家運の傾く前兆だ
と言われていたという。


(『奥州の座敷わらしの話』より)

座敷わらしの特徴は、
箱膳(自分の食べる茶碗とお箸が入っている昔のお膳セット)を持ち、
家から家へ渡り歩くが、
住み着いた家で揉め事があると出てゆくと言う。

わらしの特徴としては、
5〜6才くらいの子供で、
女の子とも男の子とも言われている。

白い着物のわらしは吉兆の前触れ。
赤い着物のわらしを見たら、
その家から出て行く前兆でもあるとも言われている。

要すれば、
揉め事(俗にいう喧嘩)ばかりをしていると
良い事が出て行ってしまうのかもしれない・・・。

各地でこのような者を見たという話があるが、
場所により多少異なる。


JUGEMテーマ:陶芸
 


苔の庭や東屋があり、自由に休んでいける場所『郷の工房』

☆住所☆
長野県上高井郡小布施町大字小布施中町34−3

☆電話☆
026−247−2226(FAX兼用)
090−2226−9535

☆作者名☆
布施綾子(ふせあやこ)

☆営業時間☆
10時頃〜17時頃まで

☆定休日☆
不定休(連絡してからいらしてください)

☆お店の特色☆

‐人数の焼き物作り体験ができます 
 3時間以内 3000円 (土代・焼成代:別途)
 作る作品は何でも構いません。
  (例:食器、灯り、人形etc)

店内では、私の作品をはじめとして、
  窯仲間の作品を展示販売しています。
  あまりよそにはないようなものが多くあります。
   
小布施の隣の中野市東山に、
  薪の窯(穴窯)を有していて,
  年に2回(6月・12月)に焚きます。
  窯を焚いている間は、自由に見学ができます。

〜遊びにいらして下さい〜


JUGEMテーマ:陶芸
 


2010/07/30 (金) 17:32 | 郷の工房のご案内
- | comments(0)



はじめまして、布施綾子です。

焼き物暦は約30年。

長野に来てから15年になります。

窯を作ってからは11年です。

私の作品は、
お子ちゃま仏像・河童・蛙、
その他、人間やら妖怪やらを作っております。

毎日、色々なお客様がおいでいただき、
とても楽しいです。

皆様も是非私に会いに来てください。

〜私がお店にいたらラッキー〜



JUGEMテーマ:陶芸

 


2010/07/30 (金) 17:12 | 自己紹介
- | comments(0)
1